いかがなものか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

三本和彦、ニッポンの自動車を叱る



発売されたら速攻で買おうと待ち構えていたが、実際手に取ったらウムムと固まってしまった。
字が大きくて余白が多い。2時間足らずで読破できそうな雰囲気で1,260円。
なんかタレント本にありがちなスカスカ感を感じて、結局買わずに帰ってきてしまった。
三本氏の評論自体は大好きなんだけどなあ・・・

【おまけ】三本語録
http://www.geocities.jp/s_cargo1500/shin_kuruma/goroku/
スポンサーサイト
  1. 2009/03/07(土) 23:24:56|
  2. クルマ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<明るい漁村 | ホーム | inuSpeed8完成>>

コメント

あの物言い、痛快だったなあ。
  1. 2009/03/08(日) 00:21:24 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

評論とかは雑誌で1から2ページぐらいの内容を読むのが楽しいかなあ。
単行本として出るころには情勢が変わって現状とズレてることもあるし。

動画の発言、設計のはしくれとしては耳が痛いです(^^;
確かに、自分の造ってるモノに対する愛着とか少ない人は多いように見えます。

でも、なぜそういうことになるかというと・・・やはり設計者が働く環境の状態が悪いんですよ。
近年、世の中では安物をありがたがる人間が増えてしまったがために
・企業としてはコストダウンに追われる
・コストダウンのためには開発費を削る
・開発費が少ないと設計に与えられる時間も少なくなる
・時間は無いけど急がないといけないので残業せざるをえない
・残業には建て前上制限がある
・でも間に合わないので仕方が無いからサービス残業
・そして日々あたえられたノルマをこなすためだけに働くようになる
こんな状態では良いモノなんて造れないと思います。

もちろん、与えられた条件のなかで商品を成立させるのも設計の技量のうちですが
それにも限度と言うものがあるように思います。

あと、コストは材料にも影響しますから、最近のクルマやバイクの質感が低下してるのは
そのあたりも関係してるのでしょうね。

安いモノではなく良いモノが評価される市場が成立しない限り、この状況は続くのでしょう。
でもこれを覆すには結局まず良い物を作って提案しないといけない・・・難しいですよねえw
  1. 2009/03/08(日) 09:42:46 |
  2. URL |
  3. magoo #zPNUzuHs
  4. [ 編集]

ものづくりに限らず、自分の仕事に愛情や誇りを持てない状況に晒されている人が増えてる様な気が。

俺?宝くじ当たったらその瞬間から会社から姿を消すな。
もちろん携帯は着信拒否で。
  1. 2009/03/08(日) 12:05:43 |
  2. URL |
  3. 犬クラッチ約束 #LkZag.iM
  4. [ 編集]

自分は当たってないふりしながら同じような生活を続けたい
・・・などと考えていますが、実際当たったら多分失踪するw
  1. 2009/03/08(日) 17:45:06 |
  2. URL |
  3. magoo #zPNUzuHs
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inuclutch.blog51.fc2.com/tb.php/929-a574570b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。