いかがなものか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

右足が着地する前に左足を踏み出せば飛べるよ!

「25兆円あれば、国民一人あたり20万円ぐらい給付できる」
自民党内で浮上しているのは、政府が独自に紙幣を発行して景気対策などに充てる案で、
麻生総理大臣に近い菅選対副委員長らを中心に意見が出ています。
http://aruite5.blog.shinobi.jp/Entry/1088/

ーー円天はいつ思いついたのか。
7年ぐらい前。デパートの商品券のように世の中の商品を買えるようなものをと
考えているうちに、夢にも出てきた。
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20090204k0000m040157000c.html

皮肉なことであるが、「疑似通貨」をここまで大々的に通用させて、「円」と換金させた事例は、
円天が初めてではないだろうか。仮に円天が、怪しげな健康食品を売りつけず、年率100%という法外なプレミアをつけず、まじめに運営していたら、
地域経済を救う広域型「地域通貨」として成功していたのだろうか。
私は、残念ながら、そうは思わない。
http://stroller.blog.eonet.jp/stroller/2007/10/post-fe08.html

小渕総理は20日午後、地域振興券の交付対象者が約71万人と、全国で最多の横浜市役所を視察した。
総理は「大変でしょうが、みなさんがんばってください」と、市長や同市職員らを激励した。
http://www.kantei.go.jp/jp/obutiphoto/99_0216/02202.html

為替レートのみの計算で、100リンデンドルはだいたい50円弱といったところです。
この数字は、セカンドライフに関する各情報サイトでもよく見かけると思います。
でも、いざ本当に日本円に換えるとなると、あれこれ手数料をとられて、
16,000リンデンドルが8000円というわけにもいかず、なんだか6,000円にもなりそうにありません。
http://journal.mycom.co.jp/articles/2007/11/12/sl3/


氷川きよし「セカンドライフを応援します」
http://www.hartfordlife.co.jp/press/pdf/company/guide081112.pdf

各国政府は自国が保有している金塊の量を「大幅に上回って紙幣を発行していた」。
つまり、金塊と交換するなどと言うのは制度的な「ウソ、詐欺行為」であり、
金本位制度は、金塊と紙幣の交換を「全く前提にしていない」、紙幣の印刷「し放題」の制度であり、
それを誤魔化すために「金塊と紙幣を交換する」と虚偽を述べていた詐欺システムであることを、
モルゲンシュテルンは実証している。
http://alternativereport1.seesaa.net/archives/20080424-1.html

デカルトは「我思う、故に我有り」と『方法序説』で述べています。
『思う』ことがなければ『我』は存在しないのです。
すなはち、人類の進化と知性の生成がなければ、
この世界・宇宙は認知する主体がないのですから、『存在しない』のです。
認知する主体・知性があるから宇宙や・世界が存在が自覚されるのではないですか。
世界が『存在』していると言い得るためには、知性の存在が前提となります。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2189254.html
スポンサーサイト
  1. 2009/02/04(水) 20:27:59|
  2. どうしたものか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<Oberdan Bezziに気をつけろ | ホーム | 【速報】三菱がダカールラリー撤退>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inuclutch.blog51.fc2.com/tb.php/845-ab8672af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。