いかがなものか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Husqvarna TE125

勢い余って最近のハスクは保守的だなどと物申してみましたが、この作りで48.8万ってのは頑張ってるよね。
同じエンジンのYAMAHA WR125は逆車で50万超えるけど、物凄く安っぽいし。
MTBにハマんなきゃコレ買ってた気もするなマジで。
te125_1te125_2
一方KTMは、2000年頃は本国じゃLC2エンジン搭載の125EXEとかSTING(DUKEっぽいの)とかあったけど
最近は街乗り125は無しでやってきたと。
そして、ようやく125DUKEを出したが、現時点ではオフモデルなし。

おそらくKTMとしては、本当に山走るなら250買いなさいよと思ってるんじゃないかな。
15馬力の125ならビギナーかセカンド需要がメインだから、長過ぎる足や高過ぎるシートは必要ないと。
でもエンジンはインド生産とはいえ自社開発だし、フレームもロード専用に作りこんでる様に見える。

ハスクも125のフレームは250の流用じゃないみたいだけど、SMとTEで使い回せるし
エンジンも外製だから開発コストも格段に安いはず。
コンセプトモデルの奇抜さに比べて良くも悪くも商売上手というか。

それに対してKTMは見た目はぶっ飛んでるけど技術的には糞真面目というか
商売的には必要以上にリスクを冒してるというか。
どっちが良い悪いじゃなく、その辺に両ブランドの違いがあると思うんだよね俺の妄想としては。
スポンサーサイト
  1. 2010/11/08(月) 20:43:56|
  2. Husqvarna
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<エネルギー保存の法則 | ホーム | サイクルモード行きそびれた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inuclutch.blog51.fc2.com/tb.php/1770-27867aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。