いかがなものか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ビアンキがポッキリの件

えー、色々と話題になってますねー。
経緯や事実関係については、興味ある人は各自調べてください。
あと自分としてはですね。今回の事故についての原因については「知らん」というスタンスです。
現状で報じられた内容から設計がどうだのメンテがどうだの判断できるほどの見識は持ち合わせていません。

俺が気になったのはですね。
どうもTBSの報道には「ビアンキは問屋企画ものだから消費者を欺いていてけしからん」という
主張を感じるのね。
で、ネットでの意見も「だまされてたー」もしくは「俺は知ってたもんねー。情弱は粗悪品買ってろプギャー」
ってのが多いなと。

うーん、「問屋企画もの」ってのは話題として美味しいネタかもしんないけど、そこは本質なのかと。
いわゆる「ちゃんとしたメーカー」とやらのカタログを引っ張り出して「生涯保証」やら「永久保証」やらの
規定を読んでみたけど、それらはフレームとリジッドフォークの話なんすよね。
サスフォークに関しては、1年保証もしくはそのパーツの製造メーカーの保証規定に従うと。
しかも不適切なメンテをした場合には保証の対象外であると。
どっから不適切なのか良く解んないっすけど。

つまりですね、この案件がビアンキ以外の自転車で発生した場合、
メーカーが責任とってくれたのかしらと。

自分も前から気になってたんだけどね。
例えばKTMのバイクならアチャルビスのタンクでもWPのサスでもとりあえず
KTMが面倒見てくれるじゃないすか。
でも自転車だとシマノのコンポならシマノの問屋に頼むのね。
サスのOHもサスの代理店だから、輸入元が変わると面倒なことになってみたり。
逆に言えばそんな状況だから好き勝手に弄って遊べるんだけど。

これが消費者保護の大義名分の元に、全部メーカーの責任になったりしたら
改造もセルフメンテもしてくれるなって話になるよね。下手すりゃ車検制とか。
そうなったら困るのはママチャリユーザーより道楽で乗ってる人だと思うんだけど、
「情弱プギャー」とか上から目線で語ってる場合なのかしらと。

うーん自分でも何を言いたいのか解らなくなってきたぞ。

【結論】
なんでもないです。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/07(水) 22:17:41|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<早大の田勢客員教授がセクハラで解職 | ホーム | 私の頭の中の消しゴム>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inuclutch.blog51.fc2.com/tb.php/1468-250a8ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。