いかがなものか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Cannondale Scalpel

20090621201806.jpg20090621202223.jpg
フレームの色でスカルペル3だと思ってたけど
リアサスがRP23だったから広報チューンかも。
どのみち50万円オーバーは確実であります。

スカルペルの特徴としてはピボットが無いのね。
カーボンがグネグネと捩れてストロークする設計。
zeropivot

いつ破断するのかドキドキもんですが、恐ろしく軽いっす。
担いだ感じじゃペダル込みで12kg前後という感じ。
前後サスをロックすると、もはや700cのクロスと遜色ない走り。
フレームがMサイズで自分には大きめだけど、街乗りでは問題なし。
山でもステムを短くすれば・・・と思ったが、
レフティフォークはオフセットが大きいのでハンドルに干渉しそうな予感。
そういう意味ではサイズ選びは要注意かも。
でもレフティは軽いし違和感も皆無だし、街乗りでは百点満点ですね。

ロックを解除して山を登ってみる。
うーむ、この前コンビSに乗った時は「とにかく重い!」としか思わなかったが
スカルペルだと軽くてサスが凸凹を吸収してくれるのが良く解る。
ハードテイルに比べて、自然と座りっぱなしでワシワシ漕ぐ感じになるのね。
おそらく長距離乗る程疲れ難いんだろうな。んがしかし・・・
やっぱり木の根とか越えるとリアが滑るし、いざって時にたち漕ぎし難いんだよね。
サイズが大きかったのもあるとは思うが、フレーム形状的にも
前後に荷重移動し難い気がする。
そしてやっぱりペダル踏み込んだときにムニュッとパワー食われるのが
どうしても馴染めないんだよねー。

これで下りを走ればもっと印象良くなったかもしれないけど、
まあ諸般の事情で試乗終了と。

【結論】
ハードテイルに無い面白さがあることは判ったが
やっぱ自転車に50万払う気はしないなあ。
スポンサーサイト
  1. 2009/06/24(水) 22:05:39|
  2. 自転車
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まったんかかく | ホーム | ふて寝ちう。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inuclutch.blog51.fc2.com/tb.php/1218-8416d57b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。