いかがなものか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ロシア構成主義とわたくし

ロシア構成主義とは、1910年代半ばにはじまった、ソ連における芸術運動。絵画、彫刻、建築、写真等、多岐にわたる。
1917年のロシア革命のもと、新しい社会主義国家の建設への動きと連動して大きく展開した。
その特徴は、抽象性(非対象性・幾何学的形態)、革新性、象徴性等である。
KOUSEI

エル・リシツキー「二つの正方形の物語」(1922)
SQUARE

篠原章「YMO:トーキョーの新しいポップと真のオリジナリティを求めて」(2003)
1977年、二人を自宅に招待した細野は、おにぎりを振舞いながら、以下の様な趣旨のことを述べたという。
「マーティン・デニーのファイヤー・クラッカーをコンピュータを使ってエレクトリック・チャンキー・ディスコ風にやらない?目標はアメリカで400万枚!」

クラフトワーク「人間解体」(1978)
阿木譲は「ロック・マガジン」のディスクレビューでテクノ・ポップという言葉を初めて使用した。
MANMACHINE

坂本龍一「B-2 UNIT」(1981)
B-2UNIT

YMO「カモフラージュ(WINTER LIVE'81)」
BGMやテクノデリックのジャケットも手がけた奥村靫正のステージデザインは1982年ADC賞を受賞。


ウィリアム・ギブスン「ニューロマンサー」(1984)
日本語版は1986(装丁:奥村靫正)
NEUROMANCER

クラフトワーク「エレクトリック・カフェ」(1986)
1曲目が「ボーイング・ブーム・チャック」(マリネッティの詩から引用)
2曲目が「テクノ・ポップ」
ELECTRICCAFE

【結論】
他人の貼ったレッテルを自分の顔に貼り付けてみせたYMOとクラフトワーク。
テクノと呼ばれることを拒否し続けたテクノ御三家。
今でも自分をヒップホップだと言い切るいとうせいこう。
いとうや藤原ヒロシにヒップホップを伝授したが、
自らはヒップホップを名乗らずジョン・ケージの「4分33秒」をカバーしたりするヤン富田。

みんな全くブレていない。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/17(金) 22:08:33|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<今日のネモケソ | ホーム | エンゾ早川とわたくし>>

コメント

テクノと『ニューロマンサー』の共通項ってそんな所にもあったんですね。
奥村靫正でググってみると、結構な御歳/元々は日本画家というのにもびっくり。
勉強になります。
  1. 2009/04/17(金) 23:21:21 |
  2. URL |
  3. benedikt #hMqVgo7s
  4. [ 編集]

そういえばアニメもどきのフィギュアを数千万でアメ公に売りつけた村上隆も日本画出身だね。
  1. 2009/04/18(土) 05:19:35 |
  2. URL |
  3. 犬クラッチ約束 #LkZag.iM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inuclutch.blog51.fc2.com/tb.php/1099-6eb0f065
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。