いかがなものか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野良犬は見たもの全てに噛みつく

2月12日は、アメリカ大統領リンカーンの誕生日。今から200年前1809年のことである。
彼の名演説「人民の人民による人民のための政治」は民主政治のいまなお根幹であろう。
ひるがえって今日、日本国の政治は、圧倒的な人民の犠牲の上に「大企業の大企業による大企業のための政治」としか言いようがない。

(どっかのブログからコピペ)

この人は民主政治のなんたるかをまったく理解していない。
「government of the people,by the people,for the people」の「government of the people」は人民の統治、言い換えれば人民に対する統治を意味する。
主体と客体を混同している時点で民主政治の根幹とやらを理解していないことが断言できる。
彼は英語以前に政治について学ぶべきだ。
おそらく彼は「人民による」を「法律による」とすれば法治政治、「神による」とすれば神治政治、「ナベツネによる」とすれば報知政治となることも理解していないだろう。


【結論】
「生協分離」も誤解してる人が多い。
大企業に製造委託しないと成り立たない生協も立派な大企業だ。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/15(水) 12:46:06|
  2. どうしたものか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<黒幕は築地の辺りに | ホーム | DEVOとわたくし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inuclutch.blog51.fc2.com/tb.php/1084-1ae44eb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。