いかがなものか

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「帝都物語」(1988)

主演:嶋田久作(東京グランギニョル)
脚本:林海象
監督:実相寺昭雄
コンセプチュアルデザイナー:H・R・ギーガー

<<原作小説の解説>>
平将門の怨霊により帝都破壊を目論む魔人・加藤保憲とその野望を阻止すべく立ち向う人々との攻防を描いた作品。
明治末期から昭和73年まで約100年に亘る壮大な物語であり、史実や実在の人物が物語に絡んでいるのが特徴。
そのため架空の人物である加藤保憲が実際に存在していたかのような錯覚に陥ることがある。
著者の荒俣宏がこれまでに蓄積した博物学や神秘学を総動員しており、風水を本格的に扱ったおそらくは日本最初の小説と目される。
陰陽道、風水、奇門遁甲などの魔術用語を定着させた作品でもある。


神田明神に祀られる平将門の怨霊により日本刀で人を斬りまくる加藤保憲。
ん?神田明神の近所で刃物を振り回す加藤容疑者?
秋葉原の献花台に花を手向ける荒俣宏を見たという都市伝説がある。

【結論】
アイデアが空から降りてくるとか言ってる人はたいてい平将門に操られている。

Q「○○さんの尊敬するアーティストは誰ですか?」
A「あんまり自分で人の(曲)聞かないからー」

Q「曲のアイディアみたいなものは、どんな風に浮かぶんですか?」
A「(頭の上に両手をかざして)バンッてこういうものが降りてきて(笑)
それはイントロからケツまで全部決まってるんですよ」
「一気にバコッて歌い手のこんな声のイメージとか、こんな詞の内容とか
全部まとめて譜面のようなものがあるんですよ」
スポンサーサイト
  1. 2009/04/08(水) 22:15:55|
  2. 書籍・ビデオ 等
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<細野晴臣「デイジー・ホリデー」(InterFM) | ホーム | 私達(WE)の間にAVがあるというダジャレ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://inuclutch.blog51.fc2.com/tb.php/1039-f2c5321c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。